物語 Story

こども発明プロジェクトは、高校生たちが描いたこの1枚の画がきっかけで始まりました。

CIPs has started with one figure drawn by high school students.

 


私は、2001年に4人の高校生たちが取り組んでいる手押車の発明について、ボランティアで特許出願書類を作成し、特許出願がされました。2005年、アイデアがユニークだったため、特許権(第3709456号)を取得できました。そしてその手押車は、先生達や地元企業の協力により製品化されました。
手押車は農家の労力を軽くしたいという高校生達の強い動機から開発されたもので、商品名は「畑楽(はたら~く)」と名付けられました。この物語の中で、高校生たちは自ら考え、その考えを具現化しました。そして、このプロセスを通して社会に貢献できることを証明しました。

 こども発明プロジェクト世話人
弁理士 山崎幸作

2014年8月

In 2001, I drafted a patent application document on volunteer basis for an invention of a wheelbarrow which four high school students had worked on. Since their idea was essentially unique, the patent application patent was granted on 2005 (Patent No. 3709456). The wheelbarrow has been commercialized with the cooperation with the teachers and local company.  It has been developed based on the strong motivation of the students, in order to reduce a workload for farmers, and thus, it was appropriately named "HA TA RA~KU” (double meanings of 'working' and 'comfortable farming'). In this story, the thought for themselves and embodied their idea in a practical way.  Through this process, they have proven that even youngsters can make a contribution to our society.

Children Invention Projects, Organizer
Kosaku YAMAZAKI, Patent Attorney
August, 2014

ダウンロード
20050819_Patent_3709456.pdf
PDFファイル 52.4 KB