こども達×発明=未来!

こども発明プロジェクトは、こども達が生み出したアイデアを無料で特許出願するプロジェクトです。我々が対象とするのは、小学生から高校生までです。このプロジェクトは、日本人弁理士によって運営されています。我々は、こども達の発明を広く募集しています。お気軽にお問合せください。

 

Children x Invention=Future!

Children Invention Projects, CIPs, intends to file a patent application for ideas created by children without any fees. Our target generation is from elementary to high school students. CIPs is operated by Japanese patent attorneys. We widely looking for children's inventions. Please feel free to contact us.


トピックス Topics

2018/02/13

長野県の高校生、丸山颯斗君と福澤健君が発明した「立体地図装置」の発明を特許出願しました。視力の弱い人でも指で触って地理や各種施設を認識できます。さらには、地図上の各所で音声情報を聞くことができるため、より詳しい地図情報を所得できます。この立体地図装置は、盲学校に寄付されたとのことです(2018-023608号、2018年2月14日出願)。

We filed a patent application for the invention "3D Map Apparatus" developed by Mr. Hayato MARUYAMA and Mr. Takeru FUKUZAWA, high school students in Nagano Prefecture. A person with weak eyesight can recognize geography and/or various facilities through their fingers.  In additon, it is possible to hear sound information in many points on the map.  Therefore, more detailed map information can be obtained.  This 3D Map Apparatus has been donated to school for the blind(Application No. 2018-023608, filed on February 14, 2018).

 

2018/03/22

小学生の洞口未佳さん、古川星奈さん、小池潤弥くんが発明した「物干し装置」の特許出願が公開されました(2018-011734号, 2018年1月25日公開)。この発明は、物干し竿が回転し、洗濯物を素早く乾かすことができます。

The patent application of "Laundry Apparatus" developed by Ms. Mika HORAGUCHI, Ms. Hoshina FURUKAWA and Mr. Junya KOIKE, elementary school students, has been published (No. 2018-011734, on January 25, 2018). A laundry bar is rotatable, thereby the clothes can be quickly dried.

 

2018/02/13

長野県の高校生、丸山颯斗君と福澤健君から、地図に関する発明の依頼をお受け致しました。視力の弱い人に対しても、様々な地図情報を提供できる工夫がなされています。久しぶりに、世話人である私山崎が書類の作成を担当させて頂きました。

We received a case of an invention relating to a "MAP" from Mr. Hayato MARUYAMA and Mr. Takeru FUKUZAWA. They are high school students in Nagano Prefecture. The map of this invention can provide various infomration even for a person with weak eyesight. I, YAMAZAKI as organizer of this project, will prepare necessary documents.

 

2018/01/31

「傘および傘用透明カーテン」の発明をした草野千英里さんから、担当弁理士の町田能章先生と私し世話人に感謝のお手紙をいただきました。また、お母様からもご丁寧なお手紙をいただきました。とても励まされます。

We received an appreciation letter from Ms. Chieri KUSANO who is an inventor of "Umbrella and Transparent Curtain used for Same" attending to Mr. Yoshiyuki MACHIDA who is patent attorney in charge and Organizer (me). We also received another warm letter from her mother. We are very encouraged.

 

2018/01/17

東京都杉並区立東田小学校3年生の草野千英里さんが発明した、「傘および傘用透明カーテン」の特許出願を行いました。これは、傘の周囲にカーテン状のシートをつけることで、強い雨にも洋服が濡れにくい工夫がなされています(特願2018-002268号 2018年1月11日出願)。
We filed a patent application for the invention "Umbrella and Transparent Curtain used for Same" made by Ms. Chieri KUSANO, 3rd grade student of Higashita elementary school in Suginami-ku, Tokyo. This invention can prevent a clothes from wetting even if it is under heavy rain by putting a curtain like sheet at periphery of the umbrella (Application No. 2018-002268, filed on January 11, 2018).

 

2017/12/06

小学生の洞口未佳さんが発明した「物干し装置」の特許出願が公開されました(2017-185060号, 2017年10月12日公開)。この発明は、物干し部分が回転し、洗濯物を素早く乾かすことができます。

The patent application of "Laundry Apparatus" developed by Ms. Mika HORAGUCHI, elementary school student, has been published (No. 2017-185060, on October 12, 2017). A laundry portion is rotatable, thereby the clothes can be quickly dried.

2017/12/06

小学生の中村匠君が発明した「魚の骨の分離補助具」の特許出願が公開されました(2017-184646号, 2017年10月12日公開)。この発明はハサミのような構造をもち、骨だけを簡単に取り外せます。

The patent application of "Fish Bone Removing Equipment" developed by Mr. Sho NAKAMURA, elementary school student, has been published (No. 2017-184646, on October 12, 2017). The present invention has a scissors like configuration and can easily remove the fish bone.

 

2017/11/06

ヒルトン先生と昼食を共にし、共通の趣味であるロードバイクの話で盛り上がりました。

I had a lunch with Mr. Hilton and excited with the topics of road biking which is our common hobby.

2017/11/3

我々のプロジェクトの外国アドバイザーであるマイケル・ヒルトン先生が、来週来日されます。ヒルトン先生は、我々のプロジェクトの米国特許出願を支援してくれた米国弁護士です。その米国特許出願の発明者のお一人に作って頂いたメモリアルプレートを、ヒルトン先生に差し上げる予定です。
Mr. Michael Hilton, our foreign advisor, will visit Japan next week. He is a US attorney who assisted our US patent application. I will give him a memorial plate which is made by one of the inventors of the US patent application.

 

2017/9/29

鈴木雅人君から担当弁理士である新宮正浩先生宛に、感謝のお手紙を頂きました。鈴木君は、長野県長野工業高校3年生で、先日特許出願した発明「車輪、及び、車両」の発明者です。

We received an appreciation letter from Mr. Masato SUZUKI attending to Mr. Masahiro SHINGU who is patent attorney in charge.  Mr. SUZUKI is a 3rd grade high school student in Nagano Technical High School in Nagano prefecture and an inventor of the invention "Wheel and Vehicle" filed on the other day.

 

2017/9/26

杉並区立東田小学校3年生の草野千英里さんから、傘に関する発明の依頼をお受け致しました。強い雨にも洋服が濡れにくい工夫がなされています。弁理士の町田能章先生に、書類の作成をお願い致しました。

We received a case of an invention relating to an umbrella from Ms. Chieri KUSANO. She is a 3rd grade student of Higashita elementary school in Suginami-ku, Tokyo. This invention can prevent a clothes from wetting even if it is under heavy rain. We asked Mr. Yoshiyuki MACHIDA, patent attorney, to prepare necessary documents.

 

2017/9/23

長野県長野工業高校3年生の鈴木雅人君が発明した、「車輪、及び、車両」の特許出願を行いました。この発明は、エコランレース用車両に使われるタイヤの発明で、重量を増やさずにパンクを防ぐものです(特願2017-179642号 2017年9月20日出願)。

We filed a patent application for the invention "Wheel and Vehicle" made by Mr. Masato SUZUKI, 3rd grade high school student in Nagano Technical High School in Nagano prefecture.  This invention relates to a tire used for an Economy Running Race Vehicle.  This invention can reduce puncture of the tire without increasing weight thereof (Application No. 2017-179642, filed on September 20, 2107).

ダウンロード
20170920_PT0034D_Application.pdf
PDFファイル 41.5 KB

 

2017/9/4

拒絶理由通知書が発行された米国特許出願に対し、反論文が提出されました。
With regard to the US patent application to which the Office Action has been noticed, a response has been filed.

ダウンロード
20170825_PT0003US_Response.PDF
PDFファイル 102.8 KB

 

2017/8/22

高校生による米国特許出願について、拒絶理由通知書が発行されました。これは、類似の技術が既に存在するため、特許は取得できないというものです。生徒さん達を指導された林先生の強い希望で、反論することになりました。反論内容は、弁理士の家成隆彦先生に作成して頂きました。家成先生は、この米国出願に対応する日本出願の書類を作成した先生です。また、米国弁護士のマイケル・ヒルトン先生に、非常に低額な費用で米国特許庁へ反論文を提出して頂けることになりました。
An Office Action has been noticed for the US patent application filed by high school students. This Office Action states that the patent application should be rejected since relevant prior arts have been found. Mr. Atsushi HAYASHI, teacher for the students, strongly wishes responding to the Office Action. A response to be filed was prepared by Mr. Takahiko YANARI, patent attorney.  Mr. YANARI has drafted the Japanese patent application corresponding to this US patent application. In addition, Mr. Michael HILTON, US patent attorney, helps us to file the response before U.S.P.T.O with extremely low cost.

ダウンロード
20170602_PT0003US_OfficeAction.pdf
PDFファイル 635.0 KB
2017/06/25
長野県の高校生3年生鈴木雅人さんから、タイヤチューブに関する発明をお受け致しました。ちょっとした工夫でパンクを防止できるそうです。書類の作成を、弁理士の新宮正浩先生にお願い致しました。
We received a case of an invention relating to a tube for tire from 3rd year high school student, Mr. Masato SUZUKI, in Nagano Prefecture. The invention intends to avoid puncture by slight modification. We asked Mr. Masahiro SHINGU, patent attorney, to prepare necessary documents.
2017/04/01
井上優太さん、井澤雄馬さん、北島達成さん、野口サンチアゴさん、藤川一樹さん、林厚志先生の6名から、プロジェクトへの支援金を頂きました。彼らは、長野県駒ヶ根工業高校の卒業生及び先生です。我々のプロジェクトは、彼らが開発した容器洗浄装置の発明の、日本及び米国での特許出願を支援しました。彼らは2015年に卒業して様々な企業で活躍しており、今回はお給料の中から支援金を寄付して頂きました。また、支援金の他に、関係者全員の名前が刻まれたメモリアルプレートも頂きました。皆さんのお心遣いに感謝致します。
We received a financial support from 6 persons, Mr. Yuta INOUE, Mr. Yuma ISAWA, Mr. Tatsunari KITAJIMA, Mr. Santiago NOGUCHI, Mr. Kazuki FUJIKAWA and Mr. Atsushi HAYASHI. They are graduates and teacher of Komagane Technical High School in Nagano prefecture. Our project assisted filing patent applications in Japan and U.S.A. for the invention, “A CONTAINER WASHING APPARATUS” developed by them.  They graduated in 2015 and are working in each company. They gave us the financial support from their salaries. In addition, we received Memorial Plates on which all of participants are indicated. We really appreciate their solicitude.
ダウンロード
20170401_MemorialPlate.pdf
PDFファイル 50.6 KB
2017/02/15
高林亮太君の「筆箱」の発明をプロジェクトで支援して特許出願しました (特願2017-025486 2017/02/15)。亮太君は、つくば市立吾妻小学校2年生です。書類は弁理士馬場資博先生に作成して頂きました。この発明は、学校の狭い机を広く使えるように、筆箱に教科書を立てかける事ができるものです。第18回全国ジュニア発明展で、つくば市長賞を受賞したそうです。
Our project assisted filing a patent application for the invention of “Pen Case” developed by Mr. Ryota TAKABAYASHI  (No. 2017-025486 Feb. 15, 2017). He is second year student in Tsukuba City Azuma Elementary School, in Ibaragi Pref. The patent application documents have been drafted by Patent Attorney, Mr. Motohiro BABA.  In this invention, a textbook can be leaned on the pen case so as to widen usable area of top of a desk in school. He received a Mayer Tsukuba City Award in 18th Japan Junior Invention Exhibition.
2017/01/22
昨年、長野県長野工業高校3年生の久保颯紀君の「燻製器」の発明を、我々のプロジェクトで支援して特許出願(特願2016-228343号)しました。彼と同級生達は、およそ100セットの燻製機を作って販売し、その利益(約10万円)を熊本地震の被災者のために寄付したそうです。久保君から、担当弁理士宛ての感謝のお手紙も頂きました。
Last year, our project assisted filing a patent application (JP2016-228343) for the invention relating to a "Smoking Cooker" developed by Mr. Satsuki KUBO, third year grade in Nagano Technical High School in  Nagano prefecture. He and his classmates made and sold about 100 sets of the smoking cooker, and donated a profit (approx. US$ 870) for victims of the Kumamoto Earthquake. We received a letter from Mr. KUBO attending to the patent attorney in charge.
ダウンロード
20161128_PT0031D_MrKUBO_Letter.pdf
PDFファイル 36.9 KB
2016/11/20
小学生の鳥井麻衣さんが考えた、変形自在食器の発明を特許出願しました(特願2016-224595号 2016年11月18日出願)。この発明は、バーベキューの際に使用するもので、風で飛ばされない工夫がされています。鳥井さんから、担当弁理士宛ての感謝のお手紙も頂きました。
We filed a patent application of a deformable table ware (Application No. 2016-224595, filed on November 18, 2016) made by Ms. Mai TORII, she is a elementary school student.  This invention can prevent the table wear from being blown away by the wind.  We received a letter from Ms. TORII attending to the patent attorney in charge.
ダウンロード
20161120_PT0027D_MsTORII_Letter.pdf
PDFファイル 28.2 KB
2016/10/26
長野県立長野工業高校3年生の左右田一輝(そうだかずき)君が考えた、釘先ガードの発明を特許出願しました(特願2016-210061号)。この発明は、薄い壁を突き抜けた釘の先端をカバーして、釘の先端で人が怪我をするのを防止するものです。左右田君から、担当弁理士宛ての感謝のお手紙も頂きました。
We filed a patent application of a Nail Tip Guard (Application No. 2016-210061) developed by Mr. Kazuki SOUDA, 3rd year student in Nagano Technical High-School in Nagano Pref.  This invention intends to avoid injury with the nail tip by covering the tip of the nail penetrating a thin wall. We received a letter from Mr. SOUDA attending to the patent attorney in charge.
ダウンロード
20161103_PT0032D_MrSOUDA_Letter.pdf
PDFファイル 38.4 KB
2016/10/10
こども発明プロジェクトが、日本テレビのニュース番組で紹介されました。放送中、印紙代14,000円がかかるとコメントされましたが、この印紙代もプロジェクトが負担しています。
Children Invention Projects has been shown in a TV news program of the Nihon Television. On air, it was commented that the government fee of 14000 yen (approx. US$140) is required, however, our project also incurs the government fee.
ダウンロード
20161010_NTV_News.gif
GIFファイル 1.4 MB